ボクササイズでは足りない腹筋トレーニングも護身術もできる女性のためのレディース柔術ライフ! インタビューVol.02
トップページ ジムレポート インタビュー 特集 お問い合わせ
  1. ホーム
  2. インタビュー
  3. Vol.02 佐々木実来さん
インタビュー
佐々木実来さん
【プロフィール】
ポゴナ・クラブジム所属
佐々木実来(ささきみく)さん
大学生 18歳
柔術歴:半年 白帯
大学に入ってからは忙しくなったけど、 来れるときは毎日のように来ている

佐々木実来さん 佐々木実来さん

Vol.02
ポゴナ・クラブジム
佐々木実来さん

「格闘技は殴り合うイメージで好きではなかった」

もともとは運動は苦手で、高校で柔道をやる前までは特に何もやっていなかった という佐々木さんは「格闘技は殴り合うイメージで好きではなかった」、
しかし青木真也選手の試合で寝技を見て「カッコイイな」と格闘技の魅力を感じ、 自分でもやってみたいと思ったという。

それからネットで検索してポゴナジムを知り、 見学に来たときは「(格闘技ジムは)怖いイメージがあったけど、ここ(ポゴナ)は雰囲気が良くて、 アットホームな感じがした」と話す。

「柔道のときより、攻防の幅が拡がったので面白い」

柔術の面白さについて「柔道のときより関節技の幅が拡がりました。 柔道のときは抑え込み一本で負けるのが悔しくて、それが柔術だとなくて、 攻防の幅が拡がったので面白いです」と語る。

「スカートとか穿いて足が出せるようになったのでラッキーだなと思いました(笑)」

柔術をはじめてからのカラダの変化は「筋肉がつきにくかったけど、少しついてきたのと、 あとは足が締まってきました。あまりゴツゴツとした筋肉ではないので、 スカートとか穿いて足が出せるようになったのでラッキーだなと思いました(笑)」

気持ちの面では「ミクシィで愚痴とか書いていたんですけど、コーチとかに『練習に来ればスッキリするよ』 というアドバイスをもらって、そしてジムに来ると今まで考えていることがどうでも良くなった」。

また「夜更かしが習慣になっていたけど、ここで練習すると疲れるので、その日はぐっすりと寝て、 朝パット起きれるようになった」と生活の面で良い方に改善されたという。

(文・石井晃 写真・橋本欽也)



道着屋.com

ブラジリアン柔術用品専門ショップ


柔術ライフ

ブラジリアン柔術の総合情報サイト


このサイトは加藤ビジネス有限会社によって運営されています